Site Overlay

ホームページ制作

もっと.comはトータル的なサポートで飲食店オーナー様の悩みを解決へと導きます

スマートフォンの普及に伴い、今や7割以上の方がスマートフォンを所持しています。当サイトの調べによりますと、10代~40代で80%以上、50代で70%以上、60代で60%以上の方がスマートフォンを保有しております。
スマートフォンが身近になった事で、多くの方がインターネットを活用して情報収集をする時代になりました。
こうした時代に合わせて、WEB上に飲食店様の情報を用意していく事は必須と言えるでしょう。グルメサイトや口コミサイト等の掲載だけではなく他店との差別化を図り、自店の魅力を伝えたり、より集客を意識するにはホームページの開設は非常に重要になってきます。

グルメサイトに掲載をする事で満足されてしまいホームページを持たれていない飲食店舗様が多いのが現状です。実際にホームページを持つ事でどんな効果が期待できるのか飲食店オーナー様 下記の内容をご覧ください。

もっと.comでホームページを持つとできる事

お客様に信用と安心感を与える

多くのユーザーが飲食店舗を探す時にグルメサイトや口コミサイトを利用しています。
グルメサイトや口コミサイト内に店舗のURLが記載されていると『どんな店かな』とアクセスする方が大半です。
そこでホームページのコンテンツや情報の内容が充実しているとユーザーに『安心感と信頼感』を与えます。
グルメサイトでもお店の紹介や情報掲載は可能ですが、公式のホームページはPR以外にも細かい情報やきちんと運営されていることが伝わる為、効果的です。ホームページの役割は限られた情報だけではなく、ユーザーに対して伝えたい情報をより発信する事が可能となります。

新鮮な情報を常に発信できる

口コミサイトやグルメサイトなどに店舗の情報を掲載している店舗様は多いかと存じます。しかし、自身で管理されていないサイトの場合、掲載された情報が間違っていたり、情報が足りず正しくお客様に伝わらない場合があります。
そういった場合、自店のホームページを持っている事で、正しい情報の発信や季節に合わせたキャンペーン内容の発信、新メニューのお知らせ等の様々な情報をホームページで更新する事が出来ます。

ユーザーの興味関心や動向が分かる

ホームページを持つとホームページ内にアクセス解析を導入する事ができます。
アクセス解析を導入する事で、『どこからホームページに訪れたのか』『どのページをよく見ているのか』『どのくらいの人数が訪れたのか』等の様々な情報が”見える化”できます。
どんなユーザーがホームページを訪れどんなページをよく見ているのかという情報が分かる事で、改善点や強化する点などがデータとして把握する事ができます。

集客向上や認知拡大の施策内容の戦略の幅が広がる

WEB広告を始める上で、ホームページは必ず必要になってきます。
そしてホームページを持つ事で様々なWEB広告を実施する事ができます。広告によっては『地域』『年齢』『性別』『趣味関心』を設定して広告を出す事ができる為、ターゲットとするユーザーに対して的確な広告が出せます。

ホームページの多言語化で 訪日外国人のニーズに対応

日本政府観光局(JNTO)によれば、2013年は1036万人だった訪日外国人数から2019年の訪日外国人数は約3188万人と、急激に増えていることがわかります。
また、日本政府は2020年までに訪日外国人数4000万人、8兆円の消費を目指しており、今後はさらなるインバウンド需要の拡大が予想されます。
そして観光庁のアンケートによると訪日外国人旅行者の旅行中に困ったこととして、『多言語表記の少なさ・分かりにくさ』が第2位となっており、その対象施設の1位となっているのが飲食店舗というデータも出ております。
訪日外国人のニーズが高い飲食店だからこそ、インバウンド対策の重要性が窺えます。

ホームページの多言語化、メニューにイラストや多言語表記を行いこれらの悩みに対応することが、訪日外国人旅行者のニーズを満たし、売り上げ拡大に繋がると考えます。
もっと.comでは外国人スタッフによるネイティブな多言語化に対応している為、機械的な翻訳ではなく訪日外国人に対して分かり易い、多言語対応ができます。

これらのようにホームページを持つ事で様々な活用をする事ができます。
ホームページはいわばネット上の『看板』であり『店舗』です。

WEBを介した市場の普及によって時間や場所といった制約が取り払われていく中で、⼈が⼈のために何を提供するかという根本にある問いは常に変わることなく続いています。
私たちは、WEBサイト制作を通じて飲食店舗様が持つ魅⼒を分かりやすく効果的に伝えるための場所と⼿段を構築し、その先にあるユーザーの喜びと驚きを実現します。
⼈から⼈へ、もっと繋がる未来へ。

視覚からお腹へ、私たちは伝える職人です。
お店をもっと宣伝しませんか?

Copyright © 2020 もっと.com All Rights Reserved.